看板娘プロフィール

怪人誕生の時代背景

20XX年、これまで順調に成長を続けていた人類の経済活動は、増えすぎた人口という壁に突き当たる。
行き過ぎた農業や水産資源の乱獲は多くの土地を不毛の地に変え、そこに住む人々を行く当てのない旅路へと追いやった。
人道的観点から主要な経済大国は分担して移民団を受け入れるも、その結果起きたのは混沌であった。

大量に流入した安価な労働力は自国民の職を奪い、多くの人が路頭に迷った。
職に就いてもほとんどの者は買いたたかれ、わずかな賃金で働くほかない。
食料価格は高騰し、慢性的な食糧不足が世界規模で発生。
低所得者層は飢えに苦しみ、移民と国民の間には衝突が絶えなかった。

治安は急速に悪化し、暴力事件や略奪が横行。
皆が明日の生活におびえる中、一部の資産家だけは財力と権力を拡大し続けていた。

司法が腐敗し国は自浄作用を失い、人命の価値が著しく低下した結果、資産家の間である娯楽が流行し始める。

「人体改造」

足のつかない人間を合法的に入手し実験材料とした技術開発が進み、ついに人類はひとつの禁忌に到達する。

はじめは性奴隷に人外のパーツを装飾品代わりに取り付ける程度だった施術は、いつしか人間としての人生と引き換えに人智を超えた能力を獲得する手段として秘かに確立された。

ある者は銃弾に耐えうる頑丈な肉体を
ある者は3mの壁すら飛び越える脚力を
ある者は3Km先を見通す眼を

こうした改造人間たちはひそかに人間社会の暗部で活躍し、資産家の力をより強固なものにしていった。

移民団受け入れから十数年の時代を、後の人は「怪人黎明期」と呼ぶ。

この怪人黎明期も終わりに差し掛かるころ、ひとりの科学者が自身の研究施設を立ち上げる。
後に「ドクター」と呼ばれる彼は、資産家からの依頼を受けて多くの怪人を造り上げてきた闇医者で、改造手術の第一線を行く男であった。

改造を繰り返すうち、彼は自分が理想とする改造人間を生み出したいと考えていた。
女性を襲うことに特化したモンスター、すなわちエロ怪人である。

彼自身の性癖も大きかったが、怪人と女性のまぐわいはショーとして人気が高く、映像でも高値で売買されていたためビジネスチャンスは高いと見ていた。

彼は欲望の思い描くままに、人間をベースとした人外の化け物を作り出す。

しかし、彼は知らなかった。
怪人を擁立する組織同士が、いかに熾烈な競争を繰り広げているかを。
そして一部の怪人が資産家たちの手を逃れ、「怪人殺し」に邁進していることを・・・。

怪人社会はすでに、次のステージへ移り始めていた。

現在のプロフィールまとめ

更新:2022.3.27

当サイトの看板娘「瑞咲アンナ(みずさき あんな)」のプロフィールです。

姉妹サイトの看板娘である妹たちのプロフィールはこちら
蛇目カンナ
唐堂ハンナ

初期案は似顔絵メーカー「CHARAT ORIGIN」で作成し、現在はキャラクターなんとかJ専用素材「スタンドガールR+を使用しています。

クレジット
Anal【@hutosi_ari_11】

基礎プロフィール

名前:瑞咲アンナ(みずさき あんな)
年齢:1歳(肉体年齢:20歳前後)
誕生日:5月22日
身長:155cm
体重:44Kg

趣味:ゲーム、映画やドラマ鑑賞
好きなもの:ビール、水玉柄、雨
嫌いなもの:カフェイン、カエル、日光

名前の由来:水先案内人から
髪型:うなじのあたりで結んだロングテール

出生

事の発端は、とある科学者(以下、ドクター)が生み出したナメクジ型モンスター。

女性を襲うためだけに作られたエロモンスター(以下、ナメクジ先輩)は、しかし女性を襲う前に敵対組織に敗北し、瀕死に陥った。

「生まれ変わったら女の子になりたい」と遺して昏睡状態となったナメクジ先輩の遺志をドクターが汲んだ結果、生まれたのが「瑞咲アンナ」という怪人・ナメクジ娘である。

ベースは人間だが各所に手が加えられているほか、体組織はナメクジ先輩からの流用が多く見られる。

教育の手間を省くためにナメクジ先輩の記憶を引き継いでいるため、一般的な知識は生まれつき備わっている。

しかし性格までエロナメクジのままでは困ると判断されて人格形成措置がなされており、ナメクジ先輩と自身を同一視することはない。

人間関係

人格形成措置の影響か、瑞咲は生みの親であるドクターを父親として認識して慕っている。

プレゼントにもらったネックレスを大切にしているのがその証拠といえる。

最近ではドクターの旧友が運営する近所の「案内所」で暇つぶし・・・もとい、助手を務め、不足している社会常識を勉強している。

案内所ではエッチな仕事を振られることもあるが、ドクターには報告していない。

性格

人間社会における「怪人」という自らの異質さ、所属する組織の反社会性を十分理解しており、警戒心が強い。

さらに防御粘液や脱水に関する特異体質(後述)もあって保守的な態度を取ることが多く、外出や新しい物事を非常に面倒くさがる。

根っから怠惰な性質も相まって、用がなければ引きこもりがち。

しかし断るのも面倒くさがるので流されやすく、強引に連れ出されれば断れない。

また実際のところは好奇心旺盛で、出かけると一番楽しんでいるのは瑞咲だったりする。

妹たちの手前、理知的で冷静な言動が目立つが実年齢相応のあどけなさや甘えたな気持ちもある。

外部の人間に自分から近寄ることは避けるよう徹底しているが、面倒見の良い一面があるためどうしたものかとオロオロする場面も。

身体構造

大まかな体組織表(%/重量)

骨:7%
臓器類:14%
血液:8%
皮膚:8%
脂肪:2.5%
筋肉:60%

全体重における水分量:約84%

特異体質

えっちな体質

その他小ネタ

リクエスト絵とキャラの成り立ちと

長くなったので分けました。

キャラクターが現在の形になるまでの経緯とこれまで作成いただいたイラストをコチラに掲載してます。

Scroll to Top