「フィールとエロトラップダンジョン」レビュー

銀髪無口なヒロインって一定の需要あるよね

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               .

基本情報

作品名:フィールとエロトラップダンジョン
サークル:したまちぽんぽん
販売日:2020.4.25

ジャンル:探索型RPG
ボイス:なし

タグ:

記事更新日:2020.9.29

作品概要

「フィールとエロトラップダンジョン」は、サークル「したまちぽんぽん」が制作した初のゲーム作品。

無口な銀髪ロリが淫魔の住むダンジョンでエッチな目に遭ってしまう、コマンド戦闘なしの探索型RPGです。

クリア時間30分程度と短い内容ながら、差分含めたCGは93枚というイラストの豊富さが魅力のひとつ。

イラストが好みなら検討する価値アリでしょう。

ストーリー

近くの森に淫魔が現れ困っていると村人さんたちの話を聞き、
全然戦闘は得意じゃないのに淫魔を追い払うと一人森の中へ・・・・・・
少女はまだ知らない・・・・・・この森がどんなに恐ろしいところなのかを・・・・・・・

DLSite、作品紹介より

システム

ヒロインを強化してダンジョンを住処にしている淫魔を倒すことが目的です。

本作で特徴的なのが戦闘システム。

戦闘はすべてオートで、結果のみが現れます。

ヒロインが先攻で交互に攻撃を行い、先にHPが尽きた方が負けというシンプルなもの。

この場合、敵に10ダメージを与えたあと、300ダメージを受けます。


そのため、こちらのATKが相手のDEFを下回っている場合はダメージを与えられないため確定で敗北します。

ラスボスである淫魔の防御力は(自主申告によれば)1000あるため、ゲーム開始直後のヒロインでは勝機はありません。

そこで、ダンジョン内に多数落ちている強化アイテムを回収し、淫魔のもとにたどり着くまでに十分なステータスを身に付けましょう。

強化アイテムは当の淫魔から購入することもできます。

ちなみに、HP強化アイテムを入手するとHPが増えますが、それ以外に減ったHPを回復手段はありません。

ただし、敵に負けるとHPが3000まで戻ります。

また、負けると「お金」が手に入るので強化アイテムの購入が可能です。

エロ要素

エロシーンは異種姦がメインで、シチュエーションは媚薬オナニー、蟲姦、バイブ、貫通など。

敵シンボルとの戦闘に敗北するとエロシーンとなります。

クリアすると全シーンが解放されるので、早期クリアを狙うと手間が省けます。

客観的な視点を中心に描くテキストで文字数は少なく、1シーンは短めです。

すべてのシーンに救出されるまでの様子が簡潔に一文で書かれ、少し余韻を残すところがポイント。

特徴1:豊富なCG差分

CG枚数は基本12枚、差分含め90枚以上。

立ち絵に至っては200枚以上という豊富さ。

立ち絵は常に表示され、ヒロインを余すことなく楽しめるようになっています。

ただし立ち絵差分は表情の変化がメインで、状態異常やエロシーンが見れるわけではないことに注意。

表情は敵との接触時に変化するものの、特に意味はない様子でした

感想:エロ・ゲーム性ともにあっさりめ

エロゲーとしての実用性、ゲームとしての面白さを考えると、どちらもあっさりな印象を受けました。

絶頂シーンは声にならない叫びをあげるパターンがほとんど。いじらしさ満点ですが、人によっては物足りないか


まずエロさ。

全体的にテキストが短めで、1シーンが結構すぐ終わります。

さらにヒロインがおとなしい性格で、あんまり騒いだり喘いだりしないところもエロシーンを淡泊なものに感じさせます。

もっとも、エロシーンで説明口調になるよりはずっと好ましいですが。

また、すべてのオブジェクトは「接触するかどうか」を選択するので、トラップ感ゼロ。

「エロトラップ」という単語に釣られると肩透かしを食らう可能性が高いです。

トラップもモンスター扱いで戦闘。よくあるエロトラップRPGとは勝手が異なります


次にゲーム性。

簡単に強化アイテムを回収できる場所から順に回ればクリアできます。

パズルっぽい感覚はあるものの、熱いバトルや戦略性とは無縁です。

ショップを利用しなくてもクリア可能な難易度で設定されているため、システムに慣れてくるとかなり簡単。

時間が経つほど作業感が出てくるでしょう。

こうした点から、エロさ・ゲーム性どちらもやや薄味と感じました。

どちらかというとCGそのものを楽しむ作品で、「ゲームにはあまり興味がない人」に向いています。

とはいえ30分程度でクリアできるので、飽きる前に遊び切れるボリュームです。

CG自体のエロさは十分なので、「貧乳」「銀髪」「無口」なヒロインが好みであればゲーマーにもおすすめできます。

体験版でもエロシーン4つが見れるので、興味をもった人はチェックしてみましょう。

3行でまとめ

クリア時間30分のシンプルなRPG

あっさりめのエロシーン

ヒロインが好みかどうかが評価の分かれ目

リンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top