これが海外の戦闘エロRPGか?!40以上の敵と5種の衣装

海外製戦闘エロRPG「Lewdest Labyrinth」レビュー

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       .

基本情報

作品名:Lewdest Labyrinth
制作者:mminitdev
公開日:不明

ジャンル:RPG
ボイス:あり(喘ぎ声)

タグ:

備考:Windowsのみ対応

記事更新日:2020年5月23日(感想にラスボス画像を追加)

作品概要

本作は「mminitdev」氏が制作したエロRPG。
現在は別のゲームを新たに制作している様子で、
追加アップデート等があるのかは不明。

3Dのダンジョンを、トラップや敵をかいくぐりながら進むゲームです。

階層は23階まで実装。
難易度にもよりますが、数時間以上プレイ可能なゲームです。

日本語が実装されていますが、
ほとんどGoogle翻訳そのまま。
ただしストーリーはないため、
システムさえ理解できれば遊べます。

操作方法

ダンジョン内

およそ画像の通りです。
わかりにくそうなものだけ補足。

←→キー:方向転換
↑キー:前進
↓キー:後退
(WASDキーでも可能)

Xキー:その場で待機
Hキー:オナニー。LPを上昇させる。

R/Fキー:衣服チェンジ(所持している場合)
Iキー:装備中の衣装効果の確認
Tabキー:所持中のアイテムの詳細。押すごとにアイテム切り替え。

※上記画像はF1キーで確認可能。

戦闘中

←→キー:スタンス切り替え
↑↓キー:行動選択
Z/Space/Enterキー:決定
1~5キー:対応するアイテムの使用(ターン消費なし)
Cキー:ヒール(ターン消費なし)
Xキー:ガード
Gキー:逃走(ペナルティあり)

システム

ダンジョン

基本事項

ダンジョン内を進み、奥へ奥へと進んでいきます。
ストーリーやバックグラウンドは一切ありません。

戦闘はランダムエンカウントで、
ある程度歩くと戦闘となります。

特徴として「踏破ボーナス」があり、
各エリア90%以上マッピングすると
全ステータスが+1されます。

ステータスが高くて困ることはないので、
序盤から積極的に狙いましょう。

 

レベルアップ

このゲームではレベルアップが手動です。
メニューの「レベルアップ」から
経験値を好きな項目へ割り振ります。
序盤は特に重要なので、こまめに確認しましょう。

 

セーブ

セーブはこの場所でしかできません。
ほとんどのエリアに1か所存在します。

 

トラップ/モンスター

マップ上にはトラップが設置されているほか、
モンスターが徘徊しています。

トラップは踏むと発動します。
モンスター系は隣接すると捕まります。

トラップやモンスターの種類によって、
ダメージなどのペナルティを受けます。

 

衣装

マップ上に存在するシンボルボスを倒すと衣装を入手。
自由に切り替えできるようになります(全5種)。

衣装ごとに固有の効果がありますが、
発動には経験値を振る必要があります。

戦闘

基本事項

戦闘はターン制。
HPが0になるとゲームオーバーです。

逃走の成功確率は100%なので、
負けそうな場合は逃げましょう。
ただし、以下すべてのペナルティを受けます。

・所持しているアイテムをランダムに1つ失う
・HP最大値が -1さ れる
・所持している経験値を失う

逃走のペナルティがかなり痛いため、
勝てる敵は基本的に倒しましょう。

また、レベルが近い敵を倒すとHP最大値が+1されます。

スタンス

特徴的な要素が「スタンス」です。
それぞれステータス補正がかかるほか、
パッシブスキルも付与できます。

自分の状態や相手の行動に合わせて切り替えることで、戦闘を有利に進めます。

エロ要素

エロ攻撃

ほぼすべての敵は1種類以上のエロ攻撃をもっていて、
エロ攻撃を受けるとLPが上昇します。
LPが上昇することのデメリットは以下3つ。

・敵の拘束攻撃を誘発する
・防御力にマイナス補正がかかる
・攻撃に失敗する場合がある

コストとしてLPを消費する技やヒールを使用して、
LPを低く保ちましょう。

拘束攻撃

一部の敵は、こちらのLP値に応じて
拘束攻撃を仕掛けてきます
拘束中はダメージを受け続けますが、HP0にはなりません。

拘束攻撃を受けると裸状態になり、以下の効果を受けます。
・スタンスが選択できなくなる
・防御力にマイナス補正
・衣装効果を失う
・毎ターンLPが上昇する
・LP値による攻撃失敗がなくなる

裸状態はヒールを使うと回復できます。

モンスター

徘徊、または待ち伏せ型のモンスターに接触すると
ペナルティとして裸状態にさせられます。
1回のヒールで服が回復しないこともあるため、
むやみに接触すると進行に支障をきたします。

ゲームオーバー

ゲームオーバーになると1枚絵が表示。
汎用絵とボス絵で分かれています。

ボスは「シンボルタイプ」と
「シンボルがないタイプ」がいますが、
1枚絵があるのはシンボルがないタイプのみです
(1体目のシンボルボスは未確認)。

本作の特徴:難易度が高い

ダンジョンを進むほど、
敵やトラップによるダメージは大きくなるのに対し、
こちらの強化手段は限られてきます。

徘徊モンスターは回避が難しいことも多く、
ヒール節約のために裸で移動せざるを得ない場合も。

逃走によるペナルティの大きさも無視できないため、
終盤あたりからは裸での戦闘を想定しないと継戦が厳しいです。

ただ、裸では攻撃力・防御力が落ちるため
一戦闘ごとに時間がかかります。

そのため、後半ほど苦戦を強いられる
シビアなゲームバランスとなっています。

感想:面白いが、難易度で好みが分かれそう

ゲームシステムがユニークで面白いです。

本作はエロ要素がないバージョンがあり、
間違えてそっちを遊んでいましたが、
それでも十分楽しめたので断言できます。

具体的には、レベルアップによるスキル習得が手動なので、
成長の自由度が高い点は面白いです。

また、「スタンス」の切り替えによるフレキシブルな戦闘も慣れると楽しい。

18禁版バージョンなら
新しい「衣装」と「敵」というご褒美があるので、
先に進むのがより楽しみになります。

敵の種類も40種以上と豊富、
攻撃パターンも多彩なので100個くらいエロ攻撃があるのでは?

イラストが気に入ったらエロは十分楽しめるでしょう。

ただ、難易度は高め。
特に後半、1戦闘の時間が長引きがちです。
しかし逃走によるペナルティが大きいため、
基本的に戦う選択をしがち。

このあたりは面倒さが勝つか、先へ進みたい欲求が勝つかで
好みが分かれるでしょう。
戦闘エロにこだわるとテンポが悪くなるのは必定です。

個人的には「逃げると弱体化」「戦略的に裸で戦う」のは
ピンチの演出としてアリだと思っています。

エロが絡むと夢中になってしまう人や、
まじめにプレイしてもピンチになるエロゲが好きな人におすすめ。

ラスボス

3行でまとめ

特徴的なゲームシステム

後半ほどマジで厳しい。歯応えのある難易度

ゲーム性、エロともに良し

サークルリンク

序盤の攻略

ゲーム開始から、いきなりダンジョンです。

まずは死なないようにセーブポイントへ向かいます。
最初のマップにはセーブポイントがありませんが、
よほど寄り道しなければ十分たどり着けます。

難しく感じるなら早めに難易度を下げて再スタートしましょう。
(難易度の途中変更は不可)
メニューからエンカウント率を下げるのもアリ。

このお姉さんは戦い方のヒントをくれますが、
Google過ぎてよくわかりません。
要約すると以下の通り。

・スタンスを効果的に使え
・拘束されたらすぐ脱出しろ
・LPを低く保てば拘束の頻度を減らせる
・防御していれば拘束されない
・バフ、デバフを甘く見ないこと
・LPが高いほど受けるダメージが増える

最初のセーブポイントまでにコイツが出たら逃げたほうがいいです。
毒と拘束攻撃が厳しく、ヒールを消費した状態ではまず勝てません。

セーブポイントにたどり着けば回復が自由にできるので、
レベルを上げつつ探索を進めましょう。

最初のシンボルボスは
「応急処置の効果アップ」を習得しておくと安定して戦えます。
「ヘヴィキック」もあれば早く倒せるでしょう。

その後は対ゴーレム用に「エール」がおすすめ。
ゴーレムを倒せば、しばらく安定して進めます。

ちなみに4体目のボスは
「脱ぐ」が無いとツラいです。
「使いどころがないスキル」が
あんまりないところは
よくできているなぁと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top