「LonaRPG」日本語体験版の感想+おまけ

日本語対応前との違いやセーブデータなど

                .

目次

基本情報

作品名LonaRPG
制作者eccma417
予告開始日2021.3.7
価格
ジャンルRPG
ボイスなし
タグ 
備考

英語対応、一部中国語

記事概要

およそ1年前に初めて「LonaRPG」をプレイしたときは日本語未対応で、ゲームシステムの理解に苦しみながら遊んでいました。

正式に日本語対応の体験版がリリースされるに伴い、細かなところが色々変わったと聞いて改めて遊んでみました。

まずは以前遊んだバージョンとの違いを挙げ、その後体験版の紹介をしていきます。

システムに大きな変更はなかったので、基本的な情報は以前投稿したコチラの記事をご覧ください。

エリア・クエスト制限

以前プレイしたバージョンは実装済みのクエストすべてを遊べましたが、現在にはエリアやクエストに制限がかけられています。

クエストは最初の4つまで、ワールドマップもごく狭い範囲に限られました。

グラフィックに関連する変化

ゲームをプレイして最初に感じたのは、解像度の向上です。

以前プレイしたときより、かなりグラフィックが綺麗になっています。

また、グラフィックが用意されていなかった男性キャラにも専用グラが追加されました。

ほかには中央市場で、ヒロインの髪色を「黒色」「白色」「水色」に変更できるようになっています。

1回600TPと高額ですが、印象がだいぶ変わるので一度お試しあれ。

ただし残念な点もありまして、DLsiteを通しているためモザイクが追加されてしまいました。

しかも雑にピンクで塗りつぶされており、かなり邪魔。

Ci-enで有料公開中の体験版には、修正を外すパッチが用意されているようです。

製品版でも同様の対応になるかと思われます。

チュートリアルが追加

ゲーム開始時にチュートリアルが挿入され、基本的な操作方法を実際に確認できるようになりました。

以前はいきなり戦闘区域に放り込まれていたので、最低限の操作を試させてくれるのはとても親切。

しかしLonaRPGのシステムはチュートリアル程度で理解しきれるものではないので、過信しないように。

難易度の変更

以前は「サバイバルモード」のON/OFFだったものが「難易度」に変更されました。

デフォルトが「HARD」というのが非常にこの作品らしいところ。

一度「DOOM」モードにすると途中で難易度を変えられなくなるので、変更するときは注意しましょう。

エロシーン関連

エロシーンは以前から変化してないようですが、高級娼館など一部施設が制限されています。

体験版の範囲で確認できるものだけあげておきます。

【踊り子】

客の要望に応えすぎると仕事終わりに襲われます。

踊り中に適宜装備を装着しなおすことで防げますが、その場合稼ぎは減ります。

【スカトロ】

オプションで「スカトロ」や「尿」の項目をONにすると「便意」「尿意」のステータスが追加され、トイレで排泄が可能になります。

さらに、一部エロシーン中で食糞などを強要される描写が加わります。

排泄時以外にイラストで表現されるシーンは確認できていませんが、苦手な人は注意しましょう。

【ゴブリンの花嫁】

ゴブリンに敗北すると巣に連れ去られ、称号が「ゴブリンの花嫁」になります。

脱出は苦戦が予想されるので事前セーブ推奨。

仮に脱出しても、サバイバル技術が低いと街まで持たない可能性も。

【監獄】

犯罪を犯した状態で兵士に敗北するなど、条件を満たすと投獄されます。

刑期を終えるまでに死亡することもあるので注意。

【売春】

「娼婦」のスキルを獲得すると売春ができます。

ただし、大した稼ぎは期待できません。

ビルドの感想

LonaRPGの特徴のひとつが「自由度の高い育成」ですが、以前はバランスがイマイチという感想を聞いて試していなかったので、主なビルドを試してみました。

それぞれプレイスタイルがまったく異なるので、実際に試して好みで選ぶしかなさそうです。

【魔法(要:「魔法の知識」)】

知力に特化した、「弱気」と相性が良いビルド。

魔法攻撃は「炎」「水」「雷」の杖・魔導書があり、それぞれ特徴や扱いが異なるので使っていて楽しいです。

うまく立ち回れば「一対多」も可能でしょう。

ただし移動速度が遅く、魔法の発動にも時間がかかるため接近戦は致命的に苦手。

射程も意外に短いので、すばやい敵には注意しましょう。

【戦士(要:武器の知識)】

体力にさえ気を付ければ、普通のアクションRPGに近いプレイスタイルが可能なビルドです。

ロナ単独でも討伐クエストをこなせるほど強くなれますが、強い装備はだいたい重く、持ち運べるアイテム数が減るので探索や遠征には不向き。

それでも扱いやすさはピカイチで、個人的には好きなビルドです。

おすすめ武器はハルバード。

【盗賊/アサシン】

偵察力中心の育成で、不意打ち・潜入・逃走に優れたビルド。

非力なロナに最も適していると思われ、隠密行動を前提とするクエストも多いです。

一方で、うまく使えば戦士以上のダメージも叩き出せます。

ただし戦闘力自体は低いため基本的に戦わず、「いかに戦闘を避けるか」に専念する方が良いでしょう。

【サキュバス】

強制的にセックスバトルに持ち込める「搾精」スキルなどをもつ、特殊なビルド。

おそらく「セックスで自分より先に敵の体力を失わせる」ことで成立すると思われますが、よくわかりませんでした。

このビルドは関連スキルに防御や体力を伸ばすものが多く、生存能力に優れているのが利点。

また、陵辱されてるはずのロナが幸せそうなのもポイント。

小ネタ

【女将殺害】

「燃える樽亭」の女将は復活しないNPCのため、女将を殺害すると旦那が一人で宿を切り盛りします。

女将を殺すと仕事が受けられなくなるので、特にメリットはありません。

【エリスの日記】

手術を受けるなどしてエリスの診療所で一泊し、夜にエリスの部屋に行くと入手。

エリスの異常さを垣間見れます。

さらに地下に降りると、エリスのコレクションも確認できます。

ちなみにエリスも復活しないNPCです。

【身分証を失くした時の対処】

ゴブリンに捕まるなどして身分証を失くした場合、ノエルの街北側の洞窟から下水道を通り、街に戻れます。

ただし奴隷状態だと銀行は利用できず、拘束具を外すための3000TPを満足な装備もないまま稼ぐ必要があります。

【20ゴールド貯める】

20ゴールド支払えば体験版でも脱出は可能。

処女/非処女で若干内容が変わります。

【その他】

・ビールを飲み過ぎると酩酊状態になり行動不能となる

・妊娠していないのに妊娠検査を受けるとエリスに攻撃される

・夜の中央市場左上でバクダンが購入できる

感想:ボリュームは減るも魅力は十分

以前プレイしたときはもっと広い範囲まで遊べたので、それを考えるとやや物足りない印象。

しかし遊べる範囲が狭い分、ゲームに慣れることに集中できます。

体験版でも遊ぶほどに新しい発見ができるので、作品としての厚みは感じるには十分。

慣れてきたら「DOOM」モードで遊ぶと、世界の厳しさを体感できるでしょう。

洗い出せていないイベントなんかもまだあると思うので、もし情報あれば提供いただけると幸いです。

3行でまとめ

日本語対応・チュートリアル実装で遊びやすく

難易度システムが変更、地獄のDOOMモード搭載

体験版でお気に入りのビルドを見つけておこう

リンク

ダウンロード制作者その他
itch.io

Pixiv Fanbox

 
 baraag 
 SubscribeStar 
 Plurk 

おまけコンテンツ

【Feira Quest】

チュートリアルやテキスト中で名前が登場する「フェイラ」ですが、このキャラはLonaRPG以前に制作されていた「Feira Quest」の主人公です。

制作は中断されたようで完成品は確認できませんでしたが、体験版は発見できたので残しておきます。

Feira Quest(直接ダウンロードします)

ちなみにエロシーンも少しだけあります。

ストーリーやゲーム性は期待できませんが、よければプレイしてみてください。

【セーブデータ】

LonaRPGは自由度の高い作品ですが、自由を満喫するには面倒なシステムをしています。

そこで、色々試せるセーブデータを用意しました。

だいたいのことは試せるはずです。

操作にラグがある場合の対処

Windowsの更新に原因がある可能性があります。

こちらの記事をご確認ください。

Ci-en

「「LonaRPG」日本語体験版の感想+おまけ」への11件のフィードバック

  1. 私はこのゲームの1ファンに過ぎないのですが、この度、日本語訳の情報共有を目的とした、日本人ファンのコミュニティとしてエロ同人板にスレッドを建てました。
    ガッツリ翻訳をしようというスレではなく、あくまで情報共有を主としたものなのでお気軽にご利用下さい。

    なお、ブログ内での5ちゃんねるへの誘いがタブーの場合は遠慮なくこのコメントを消してくださって構いません。ルールを確認せずのコメント申し訳ございません。

    1. 別に問題ありません。
      ここにコメントしてもらえるのはすごく嬉しいですが、せっかくの情報が死んでしまうので勿体なく思っていたところです。
      なんならリンクを貼っていただいてもいいですし、申し出ていただければ記事に追加することも検討します。

      1. ご許可頂きありがとうございます。
        https://itest.bbspink.com//test/read.cgi/erodoujin/1622963413/l50
        こちらがそのスレのリンクとなります。まだ大した情報はありませんが、これから少しずつ輪を広げて行ければと思います。
        今後このスレがどうなるかはまだ分かりませんが、しっかりとコミュニティとして機能し始めたら、その時は記事に追加して頂けるとありがたいです。

  2. 作者はJPNだけ切り離したJPNリポジトリを公開したようです。

    要するにJPNは公式にサポートしないから、どうしても日本語化したいなら勝手に有志翻訳しろということでしょうね。今後の新規のイベントなども作者自らが追加してくれるかどうかは怪しいですが。
    https://eccma417.fanbox.cc/posts/2326368

    いずれにせよ、既存の日本語訳については日本人以外が翻訳した箇所が多く残っているとのことなので、結局CHTを参照しつつ翻訳する必要がありそうです。

    1. 訂正:別リポジトリではなく、lonarpg_text_engのJPN_OUTDATEDフォルダが作られた形です。

      勝手にフォルダをダウンロードして、日本人のコミュニティ内でリポジトリを作るなりなんなりしろということだと思います。

  3. 今回のDLsiteでの販売中止ですが、5月25日辺りのfacebook上で中国語の方たちが中国語版で起動した際に表示される画像と文言について拡散されていました。そこには中国の本来の国旗(共産党政権前の中国国民党の時代の国旗)が台湾に盗まれたと憤る方たちも見受けられました。その拡散の数日後である6月1日前後にDLsiteでの販売中止のメールが届いた事から彼らの内の誰かが密告し、販売中止、および日本語版開発停止になったのだと思われます。実際ci-enの掲示板に「「JAP」は日本人に侮辱的な言葉だから使うな」とか「日本と協力せずに台湾が中国に勝てるわけないだろw」とか日本人ならまず書き込まないであろう書き込みが日本語、および英語で書き込まれていた為密告した方が作者を激昂させる為に書き込んだ方がおり、その書き込みに作者の方は憤慨し返信されていました。(もう消されてしまったのですがci-enの方の書き込みで、作者の方はWW2の後の共産党との戦いで台湾へ脱出した国民民主党の子孫の方で、その事から元々日本に対して不信感を抱いてたみたいでそれも原因みたいです。)

  4. 日本語翻訳を担当していた者です。
    本日、開発者がLonaRPGの日本向けリリースを行わないことを決定しました。

    本記事で非常に詳細に紹介していただいた矢先のことで大変申し訳なく思いますが、ご理解いただけると幸いです。

    1. こんにちは。私は田中と申します。
      このLonaRPGがDLsiteから削除されたそうなのですが、その理由として「政治的要因」とのことだったのですが、具体的にどこを指摘されたのでしょうか。
      私が見る限りこの作品に特にこれといった部分は無いと思うのですが、よろしければ教えていただけないですか?

      1. 前提として、現在私は有料版か開発用のビルドしか持っていないので、過去にDLSiteからダウンロード出来たLonaRPGの体験版を確認することは出来ません。

        LonaRPGをCHTあるいはENGの言語に切り替えて、再びゲームを起動すると以下のような国旗と政治的主張が表示されます。もっとも原因と考えられるのはこちらでしょう。
        https://eccma417.fanbox.cc/posts/2313294

        しかし結局のところ、DLSiteからの削除報告のメール(上記リンクに中国語で書いてあります)には原因となった箇所の具体的な指摘はないので、憶測の域は出ません。

        問題はDLsiteに誰かが通報したこと、運営が実際に予告ページを削除したこと、そして何より開発者がそれによって日本という国全体に不信感を抱いたことに尽きます。
        それについての是非は私は論じません。

        以上です。

    2. ご報告ありがとうございます。
      非常に残念ですが、最悪なのは制作者が「販売」という形で正当な対価を受け取れないことだと思います。
      この作品はすでにいくつかのサイトから締め出されていたと記憶していますから、きちんと販売までこぎつけられるかどうかの方が私は心配です。

      なんにせよ、当サイトでは今後も可能な範囲で後追いを続けるつもりです。

      ところで公式の協力なしに日本語化を行うことは、やはり無理があるのでしょうか。
      日本向けリリースがないというのは、独自での翻訳もできないという意味になりますか?

      1. 最後の返信となります。
        これ以降は一切の媒体での発信は行いません。

        彼がいつか安住の地を見つけられるかはわかりません。でも彼にとっての「最悪」は、おそらく金銭や報酬の類を得られないことではないと思います。だから私が去ることになったワケですしね。

        さて、まずは技術面についてです。
        日本語化については、ある程度RubyスクリプトとVXAceに関する知識があれば十分可能です。それほど複雑な仕組みではないので、ある程度ググる能力があれば誰でも出来ると思います。
        しかし、今後開発者がJPNを完全排除すべくスクリプトをいじった場合は、それを突破するべくそれなりの知識がいると思います。

        次に言語面についてです。
        まず台湾語の独特の言い回しや方言はググってもまず出てこないので、ある程度の日本語の理解のある台湾語話者が必要でしょう。公式の翻訳チームにはそういう方がいて、非常に助けられました。加えて原文に誤字脱字がある場合も、そういった方にチェックしてもらわない限りDeepLは全く役に立ちません。

        そしてLonaRPGの裏設定については、ゲーム中ではわからないことがかなり多い上に、非常に重要です。実際私もキャラの裏設定を開発者に聞いた前後で、大幅に訳を変更したことが何度もあるくらいですから、その情報を得られないのは致命的だと思います。
        まあとりあえず読めればいいというのであれば、不要かもしれませんが。

        最後に
        LonaRPGと彼のことを心配してくれてありがとうございました。
        実は前の紹介記事で、日本人が翻訳チームに新しく入ったというコメントをしたのは私…つまり自演です。LonaRPGの記事を更新してくれるかなーと思って…ここで懺悔します…。

        恥ずかしいのでEccmaたちには内緒にしてくださいね?

        以上です。
        さようなら!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top