「スカーレットプリンセス」レビュー【探索RPG】

なんだかんだチ〇ポに負けちゃう清楚系女剣士

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               .

基本情報

作品名:スカーレットプリンセス
サークル:肩こりです
販売日:2020.9.7

ジャンル:RPG
ボイス:あり

タグ:
その他タグ:寝取られ、産卵

記事更新日:2020.9.12

作品概要

サークル「肩こりです」が制作した6作目のRPG。

戦闘はなく、エロイベントを探すだけのシンプルな内容です。

Live2Dによるアニメーションがほぼすべてシーンで採用。

高い表現力が特徴となっています。

エロシーンやゲームシステムが全体的に抜きに特化しており、濃いめのエロを手軽に楽しみたい人に適した作品です。

ストーリー

旅の剣士セイレンは、ある「神器」を求めて西大陸へやってきた。

神器は凄まじい特性を秘めたアイテムであり、その存在は幻とされていた。

彼女の求める神器とは何か。そして、その目的とは・・・。

システム

ヒロインが探している「神器」を入手すればクリアです。

各都市で情報を集めつつ、神器のありかを探しましょう。

エロイベントは必ずしもシナリオ進行に関係するものではないので、無視しても構いません。

入れる街はこれでほぼすべて。街の広さもそれ程ではない

マップ自体はそれほど広くないですが、中盤以降はイベントの発生フラグがわかりにくい場合があります。

ネタバレを気にしないのであれば、Ci-enのコメント欄などを参照してみましょう。

エロ要素

各エリアにはさまざまなイベントが散りばめられており、そのほとんどがエロイベント。

シチュエーションとしてはレイプ、恥辱、セクハラが中心ですが、異種姦、睡姦、寝取られ要素を多少含みます。

淫乱度によって発生するイベントもあるので、プレイ後半ほどレイプ系のイベントが増える印象です。

ちなみに処女クリア不可。

ストーリー進行も淫乱度が必要で、エロイベントを避けるメリットは何もありません。

エロイベントは回収しながら進むとよいでしょう。

また、ステータス画面では受けたエロ行為の履歴やヒロインの趣味嗜好を確認できます。

イベントの発生にともない変化するので、こまめに確認してみましょう。

特徴1:全編アニメーションする立ち絵

最大の特徴は、やはりアニメーションする立ち絵でしょう。

エロシーンに動きがある作品はもはや珍しくありませんが、「常時立ち絵表示のRPG」で「立ち絵を常にアニメーションさせる」作品は今でも少ないはず。

その破壊力たるや絶大で、通常の立ち絵でも少し動きがつくだけでエロさが3割増しで見えます。

エロシーンも当然動きますが、個人的にはエロシーン以外が動いていることの方が新鮮でした。

特徴2:テンポのよいエロ

抜きに特化しているだけあり、エロシーンのテンポが非常に心地よいです。

基本的にイベントは単体で完結し、「淫乱度で特定の人物とのイベントが発展していく」ようなまどろっこしい要素はほとんどありません。

段階的などすっとばして本番まで一気に進むところは、いかにも抜きゲー。

早々に「おほぉ♥」とか言っちゃう系ヒロイン

エロシーン自体のテンポもよく、ヒロインは性的な行為に対し抵抗感を持っているものの、ひとたびエロシーンとなればかなりアッサリ堕ちます。

心理状態の変化などはあまり描かれませんが、それが「与えられる快楽に振り回されるヒロイン」を端的に表しており、エロい。

一つひとつのシーンの濃さ・スピード感が良く、実用性を高めています。

ただ、イベントが単体で完結するため「セクハラ→本番」のように進むシーンは少なめ。

序盤に多いセクハライベントですが、セクハラ止まりで終わってしまう点は理解しておきましょう。

感想:満足度の高い抜きゲー

「抵抗むなしくチ〇ポに負ける」という強力なテンプレートをさまざまなシチュエーションから繰り出すので、一つひとつのエロシーンに対して安定した満足度が得られます。

また、イベント数が多くてエロシーンが発生する頻度も高め。

シナリオを進めながら何度でも抜ける作品です。

終盤からパッと見でわからないギミックが増えて面倒

ただ、個人的には「サクサクプレイ」とはいかなかった点が気になりました。

というのも、ストーリーもエロイベントも発生フラグがわかりづらい。

体験版はほぼ一本道で迷いようがなかっただけに、製品版での探索しづらさは想定外でした。

ギャラリーにもヒント表示がないので、エロシーンの発見も迷いがち。

イベント数は十分なボリュームがあるので、あえてわかりづらくする必要はなかったと感じます。

というわけでまだ全イベントは見れてません。

現状の仕様だと自力でのエロシーン回収は少々手間ですし、アップデートが予定されているので遊ぶのは少し待ってもいいかも。

しかし、作品のエロさは保障できます。

個人的にはだらしない顔で荒い息遣いをしている立ち絵はそれだけでエロい。

イベントごとにコメントが変化するので、この組み合わせだけでも興奮度は高いです。

「清楚で強気な女性が堕ちる」姿が好きであれば、かなりおすすめ。

3行でまとめ

息遣いまで伝わる立ち絵のエロさがすごい

抜きやすいハイテンポなエロシーン

アップデートを待ってからのダウンロードもいいかも

リンク

(ちょっとだけ)攻略

わかってる範囲でわかりにくかった部分を解説します。

一部Ci-enコメント参考にしてるので正確でないかも。

◆王城跡入り口

一定以上淫乱度があれば業者が出現します。具体的な数値は不明。

◆隠し階段

王城内の隠し階段は画像の場所を調べます。

さらに地下へ行く階段は「感想」の画像を参照。

◆ペット探し

浜辺の奥へ行ったり、人に話かけたりしながら入口付近へ戻ると夜になりました。

◆コンビニのお使い

コンドームを会計せずに店から出るとイベントあり。

◆最初の町の宿

2段階目あり。このゲーム、イベントを繰り返し起こせる都合上2回目は盲点になりがち。

◆浜辺の全裸徘徊

イベントを終わらせるには服を脱いだ場所を調べます。目印がないので注意。

◆リッチマン

淫乱度が一定以上の状態で王都にいる女性から「メイド募集」の話を聞いたうえでリッチマンの家に行く

◆盗賊団

触手魔物を一度倒した状態でNTRタウンにいる兵士から「新たな依頼発生」の話を聞き、ギルドへ行く

◆触手魔物の倒し方

一度戦わないとダメ。その後、森のどこかに専用アイテムが登場。

◆王都の媚薬イベント

エロい店で5000シルバの薬を買うと、王都内でさまざまなイベントが見れます。

イベントを終了するにはエロい店の店長から薬をもらいましょう。

◆ピアスの外し方

ピアスを装備しているとストーリーが完結できません。

水の都のどこかに外してくれる人がいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください