「The Agnietta」ver0.61の紹介【触手!なめくじ!】

異種姦オンリーの中華製アクションRPG

                .

基本情報

作品名The Agnietta
制作者B-flat
公開日2020.12.24
価格
ジャンルアクションRPG
ボイスあり(喘ぎ声のみ)
タグ 
備考英語・中国語対応

作品概要

「The Agnietta」は中国語で制作が進んでいる、見下ろし型アクションRPGです。

ヒーラーであるヒロインが、触手やなめくじの徘徊するダンジョンを探索する内容となっており、ハイクオリティなCGとパターン豊富な立ち絵エロが特徴。

日本語非対応ですが、簡単なギミックばかりなのでRPG慣れしていれば問題なくプレイ可能です。

操作方法

矢印キー : 移動
スペースキー : 決定/調べる
ESCキー : キャンセル/メニュー

Z : 魔法攻擊(遠距離・接触で爆発)
X :特殊魔法
C : 打撃

Tab : 特殊魔法切り替え
Ctrl : 会話スキップ
Shift : ダッシュ(押している間)

A : ショートカットキー/MP回復アイテム
S : ショートカットキー/衣装修繕アイテム
D : ショートカットキー/興奮度低下アイテム

T : タイトルに戻る
F : もがく
V : 四つん這いになる

システム

ゲーム内容はシンプルで、徘徊するモンスターたちを倒しつつダンジョン内のギミックを解き、奥へと進んでいけばOK。

2~3時間程度で遊べるボリュームです。

ver0.61では「中央女神像」から少し進んだところまで実装されています。

このエリアから新しい敵が2種類登場し、立ち絵エロが追加されるので目指してみましょう(面倒な人は、最初から残っているセーブデータ1をロードするとすぐにたどり着けます)。

【画面説明】

そのほかのシステムとしては、HPが尽きてもゲームオーバーにはなりません。

HP(画面下部、赤色バー)が尽きるとダウンしますが、ボタン連打で復帰可能です。

ただし、特定条件を満たして接触すると敗北イベントが発生するモンスターは存在します。

またEP(ピンクのバー)が最大になると絶頂します。

選択中の特殊魔法や所持アイテム数はHPバー下のアイコンで、現在のステートは画面一番左のアイコンで確認できます(アイテムやステートの詳細はメニューで確認可)。

エロ要素

本作のエロ要素はふたつ。

ひとつは、特定の条件を満たすと発生するCG付きのイベント。

実装されているのは基本CG7枚+差分で、かなりクオリティが高いです。

ただしテキストは日本語に対応していません。

もうひとつが立ち絵を活用した、マップ上でのエロ。

立ち絵は常時表示されており、モンスターと接触したり攻撃を受けると状態が反映されます。

さらに妊娠状態や精液差分などもあるほか、絶頂時や被ダメージ時にはボイスも再生されるなど、こちらもハイクオリティ。

ギャラリーも実装済みで、エロイベント再生機能に加え、モンスターと自由に戦闘もできます。

魅力1:モンスターの張り付き描写

魅力のひとつは、ヒロインが小型モンスターに張り付かれる表現。

「触手」「なめくじ」「フェイスハガー」をはじめ、ヒロインが雑魚モンスターに群がられる立ち絵を堪能できます。

一度に5体以上のモンスターに張り付かれることも。

振り払うのは簡単ですが、豊満ボディをモンスターにもてあそばれるヒロインの姿は非常にエロく、ついつい放置してしまうこと間違いなし。

魅力2:立ち絵に反映される各種ステート

ヒロインの状態を正確に表すためのステートも力が入っており、妊娠・母乳・淫紋・敏感乳首など、外せないところはしっかり抑えています。

妊娠
淫紋
精液付着

ステートの多くは立ち絵にも反映され、淫紋に至ってはイベントCGまで変化する細かさ。

性経験が増えると「トラウマによる能力低下」のステートや「自発的にエロいことを始める」ステートなど、ヒロインの精神的変化も表現されています。

「エロダンジョンを通じてヒロインが性感開発されていく過程が見たい」という人にはかなりマッチするはずです。

感想:異種姦好きなら文句無しでおすすめ

触手や粘液、そのほか蟲っぽいモンスターに関連するシチュエーションが盛り込まれており、異種姦好きであれば確実に刺さるでしょう。

特に立ち絵エロはパターンに富んでおり、様々な組み合わせ・変化を楽しめます。

一方でイベントCG。

素晴らしい出来ですが、官能的な要素より「綺麗さ」「美しさ」が先行している印象を受けます。

粘液描写もあっさりで、クオリティの割にエロさは薄いと感じました。

実用性は立ち絵エロが勝るでしょう。

【 ゲーム性 】

アクション性は低いですが、操作性は悪くありません。

アクションコマンドもバリエーションがあり、ゲームとしての面白さは備えています。

ギミックや戦闘も難しくなく、処女プレイを狙わない限りはエロゲーらしい適度な難易度といえます。

動画はダンジョン探索の様子(エロほぼ無し)

【 総評 】

ゲーム性・エロともに平均以上の水準に入る作品です。

異種姦やエロダンジョンものが好きならプレイする価値はあるでしょう。

ステートやモンスターは追加される余地がまだまだ残っており、今後のバージョンアップにも期待できます。

3行でまとめ

パターン豊富な立ち絵がエロい

難しすぎない、適度なゲーム性

バージョンアップも期待大

リンク

ダウンロード制作者その他
 MEGA(ver0.78)PatreonTwitter(参加アーティスト)
 ブログ 
   

ダウンロードリンクはPatreonからの引用になります。

最新バージョンはPatreonを確認してください。

以下、本作が影響を受けてそうな作品。

「「The Agnietta」ver0.61の紹介【触手!なめくじ!】」への1件のフィードバック

  1. 起動する際、「MSVCR120.dllが見つからない」と出る同士様へ。
    https://www.megasoft.co.jp/support/3d/3883
    此方に手順がありますので、ご参照下さい。
    どうやら、ソフト的な部分での問題なようです。
    最後に…個人的に、中国語Verより、英語Verの方が分かった気がします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top