「メランコリアンナ -MELANCHOLIANNA-」レビュー

基本情報

作品名:メランコリアンナ -MELANCHOLIANNA-
サークル:おもち工房
販売日:2019.9.20

ジャンル:アドベンチャー
ボイス:あり

タグ:
その他タグ:謎解き

記事更新日:2020.8.28

作品概要

「メランコリアンナ -MELANCHOLIANNA-」はサークル「おもち工房」に2作目にあたるゲーム。

サイドビュースタイルの短編アドベンチャーです。

エロシーンがすべてアニメーションによって表現されており、テキストが一切ない点が特徴的。

ストーリーも特になく、館からの脱出を目指すだけの内容となっています。

システム

館の中にあるアイテムを駆使して探索を進め、脱出方法を見つけ出します。

マップはシンプルな構造で、それほど広くもないため迷わないはず。

セーブは蝶々のいるところでのみ可能で、ライフが尽きたときは最後にセーブしたところから再開されます。

入手したアイテムは維持されるので、デメリットなしでデスルーラができます。

エロ要素

敵に接触するとライフを失い、0になるとエロアニメーションに移ります。

なかには1度の接触でライフをすべて失う敵もいるので注意。

ほとんどの敵が人外のため、異種姦が中心です。

エロシーンはアニメーションとボイス、効果音による表現となり、テキストはありません。

アニメーションは8つで、やや少なめ。しかし一つひとつクオリティは高いです。

特徴1:表現力豊かなアニメーション

テキストが無い分、アニメーション表現はかなり力が入っています。

表情の変化や手足の挙動が細かく、ピストン運動だけのなんちゃってアニメーションではありません。

ヒロインの心理状態、かわいらしさをよく表現できており、下手なテキスト以上の効果をもたらしています。

特徴2:「見せない」構図が多め

「ナニをされているのか見せない」構図のアニメーションが比較的多いです。

見せ方を工夫している作品が多い中では印象的。

想像力をかき立てられるため、かえってエロさが増しています。

感想:ようじょかわいい

アニメーションの出来がよく、しぐさ表情からヒロインの「幼さ」がかなり巧みに表されていました。

「気持ち悪い生物の徘徊する、ミステリアスな館」というシチュエーションが、幼さをより際立たせています。

ロリを描いててもエロさを感じさせる作品は多いですが、本作はエロさより「かわいさ」が先行していると感じました。

ボイスもエロいので実用性は高いですが、抜けるかどうかは性癖が大きく問われそうです。

体験版では立ち入り制限があるため見れるシーンは3つまで

以上から、エロいと感じるかどうかは体験版でアニメーションを見てみる方が確実。

10分もかからず見れるので、一度確認してみてもいいでしょう。

DLSiteではホラータグがついてますが、ホラー要素はほとんどないので気楽にプレイしても大丈夫。

クリアまでの時間も30分程度と短く、遊びやすいゲームです。

ロリ好きであれば間違いなくおすすめできます。

ちなみに、取り逃すと最初からプレイするしかないシーンがいくつかあります。

ボリュームが少ないのでやり直すのは簡単ですが、効率よく回収したい人は下記リンクより攻略情報を参照してください。

攻略記事(いしゅぷれー異種姦インプレッションー)

3行でまとめ

動きが細かい良質なアニメーション

かわいさ>エロさ

ロリコンにはかなりおすすめ

リンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください