「異種姦迷宮と淫乱巨乳魔法使い~パチュリーさんが苗床になるまで~」レビュー

100万回イけるパチュリー

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       .

基本情報

作品名:異種姦迷宮と淫乱巨乳魔法使い~パチュリーさんが苗床になるまで~
サークル:クレイトス
販売日:2018.5.3

ジャンル: RPG
ボイス:なし

タグ:

類似性の高い作品:プリンセスナイト・ローズ

記事更新日:2020.8.27

作品概要

最初から乳首開発済みのパチュリーさん


サークル「クレイトス」が制作したエロアクションRPG。

「クレイトス」はマンガ制作をメインにしており、DLSiteで販売しているゲーム作品は本作のみ(記事作成時は2作目制作中)。

そのためか、ゲームそのもののボリュームは短いものの、エロシーンの濃厚さが際立ちます。

ストーリー

魔導書の転移に巻き込まれ、どこかに飛ばされたパチュリー。

そこは「封魔迷宮」という特殊なダンジョンだった。

脱出方法を探るため、パチュリーは迷宮を進んでいく。

システムとエロ要素

被ダメ時のイラストが一番好き


モンスターに接触するとダメージを受けます。

残りHP量によって衣服の状態が変化し、HPが尽きてしまうとエッチな目に遭います。

接触を避けるか、魔法攻撃で吹き飛ばしましょう。敵は魔法3発当てると消滅させられます。

また、各階層には危険なトラップも存在します。露骨に怪しいので、回避は簡単。

エロ要素

各階層のエロイベントは「徘徊モンスター」「トラップ」「ギミック」などが各1種ずつあります。

全3階層なので、エロシーンは計9つ。

主なモンスターは「スライム」「ゴブリン」「触手」ですが、それ以外のモンスターも少し登場します。

特徴1:性経験でスキルを習得

絶頂を重ねるほど、経験に対応するスキルを覚えます。

絶頂回数が増えやすくなり、感度がより上がりやすくなってしまいます。

もっとも、このゲームでは感度が上がっても何らデメリットはないのですが。

そのため、バッドステータスとは言えません。

特徴2:怒涛の連続絶頂

感度が上昇するほど、そしてスキルを習得するほど絶頂回数は増え、追加で絶頂する可能性も高くなってしまいます。

開発が進んでくると一度の責めから連鎖的に絶頂する機会も多くなり、悶えまくるヒロインが見れます。

感想:道中はできるだけエロいめに遭わそう

ギャラリー


クリア後はギャラリーに移動。

シーンは全開放されるのでサッサと攻略してしまうのも良いですが、探索中とギャラリーではエロシーン前後の反応が変化してしまいます。

本作にはゲームオーバーがありませんし、スキルを習得しても進行には何ら影響しません。

クリアするまでのあいだに、できるだけイベントを見ておくほうがよいでしょう。

エロシーンに関してはゲームボリュームが少ないものの、いずれも満足のいく濃さでした。

開発されたカラダで連続絶頂をキメる様子は勢いがあり、力強くエロを感じさせてくれます。

さらに「絶頂回数の数値化」が、激しい責めの様子をより客観的に伝えてくれます。

ただ、基本CGからの変化は少ないので、感度Lvやスキル習得による差分が充実していれば、ずっとエロさが増したのではないかと思います。

ちなみに、エロ目的のアイテムとして「毒薬」「利尿剤」「淫紋シール」が用意されています。

広いダンジョンではありませんが、回収漏れには注意しましょう。

3行でまとめ

エッチしてるとエロスキルを習得してしまう

絶頂、絶頂、とにかく絶頂。

クリアまでの道のりを楽しむべし

リンク

Ci-enにてフォロワー限定で新作「淫欲の聖痕」体験版を公開中

Ci-en

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top