NTR短編ノベルゲーム「檻の中のうさぎ」紹介

【スマホ対応】10分で遊べる寝取られゲーム

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       .

作品概要

Webサイト「リリスラウダ研究所」で
2017年より公開中の短編ノベルゲーム。

リリスラウダ研究所は、
催眠音声やボイスドラマを制作している
サークル「ES_Lab」にて、
「リリスラウダ研究所シリーズ」として
マンガ作品を販売しています。

本作はNTRがテーマとなっており、
「恋人がいるけど教師に弱みを握られて・・・」
という王道ストーリー。

エロは1シーンですがイラストのレベルは高く、実用性は上々。

「恥辱体操編」と銘打っていますが、
2020年8月現在では続編はありません。

感想:とりあえずNTRを見たい人にオススメ

立ち絵が3種、基本CG1枚のコンパクトさ。
エロシーンも内容は素股だけ。

しかし、イラストとテキストは一発撃てるくらいの爆発力をもっています。

選択肢はなく、
プレイ時間も10分程度とかなり短め。

NTRで長くなりがちな導入を
ベタベタな展開にすることで、
最低限の尺に収めています。

そのため、NTR特有の
「後ろ暗さ」「自分のものを奪われる」
といった感覚はかなり薄め。

ガチなNTR好きより、単純に
「女の子が手籠めにされる姿が見たい」
ようなライト層に適しています。

マンガ版はもっとガッツリ教師との絡みがあるようなので、
イラストが好みならチェックしてみては。

あと、設定によるかもしれませんが
PCだと1画面に収まりきらないことがあるため
スマホでプレイする方がおすすめ。

リンク

リリスラウダ研究所(プレイページ)

ほかにも18禁、全年齢のフリーゲームが公開中。
ただ、動作しないものもあるので注意。

Twitter

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top