「Parasite Infection」紹介【寄生虫拡散ゲーム】

画像のインパクトが強烈なADVゲーム

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       .

基本情報

作品名:Parasite Infection
制作者:Anon Smith
公開:2016

ジャンル: シミュレーション風アドベンチャー
ボイス:あり

タグ:

記事更新日:2020.8.13

作品概要

「Parasite Infection」は、寄生虫の感染による肉体的・精神的変化を表現した作品。

テキスト主体で、言語は英語のみ対応。

しかしブラウザ上でプレイするため翻訳機能が使えるので、テキスト量が多い割に内容を把握して遊べます。

「人体改造」要素を含むため、すこしグロめ。閲覧やプレイには注意が必要です。

首に寄生虫を取り付け、そこから別の寄生虫を侵入させるのが基本

操作方法

【画面右側】

青文字が選択肢となっており、クリックすることでさまざまな行動を起こします。

破線で囲われている部分は「条件」「目標」などを示す重要な内容です。

矢印は第1部のみ。船内を移動します。

 

【画面左側】

立ち絵の上にある矢印は「戻る」「進む」で、選択肢を選んでも自由に行き来できます。

右上のアイコンは所持している寄生虫です。自分や他人に寄生させるのに使います。

下にスクロールすると船内マップと現在地が表示されます。

船内マップ

セーブ・ロードは画面左側からいつでもできます。

セーブデータのインプット・アウトプット機能があるようですが、私の環境ではうまく動作しませんでした。

セーブデータを消す場合は注意してください。

また、翻訳すると表記が崩れてしまい、選択肢がクリックできないことがよくあります。

そのため英語と日本語表記を切り替える必要がありますが、一度日本語にすると英語に戻しても選択肢が有効になりません。

面倒ですが、一度「戻る」を押してから再度「進む」と直ります。

システム

全5部をプレイできますが、3部以降は未完成です。一部画像などが実装されていないので、遊ぶなら1部と2部でしょう。

性別が選択できるのも1、2部のみです。

1部は寄生虫に感染した宇宙船からの脱出が目的です。脱出ポッドの作動に必要なアイテムを集めるだけで終わります。

しかし、脱出せずエイリアン化した状態でどんどん自分の身体に寄生させていくと・・・。

2部は主人公を操作して寄生虫を広めていくことが目的となっています。

2部は主人公に寄生虫を感染させて肉体的接触をしたり、部屋などの空間に寄生虫を配置したりして周囲の人間に感染を広めます。

エロ要素

1部でエロシーンを見る場合は、まずエイリアン化する必要があります。

エイリアン化した状態で脱出ポッドの部屋にあるヘルメットから首に寄生虫をつけると、イベントを進めるための行動を教えてくれるようになります。

首寄生。ちょっと気持ち悪い

もっとも、ほかのキャラクターと絡むシーンはほぼテキスト表記のみで、1枚絵を使うシーンは少ないです。

キャラごとの一枚絵はクオリティ高め。しかしシーン数が多すぎて個別のエロ絵までは用意できていない印象

2部は周囲に感染を広めないことにはエロシーンが発生しないので、1部に比べるとエロシーンが遠いです。

また、考えなしに周囲を感染させると捕まるのですが、何が原因で発覚するかわからないので難しい。1部同様絡みのシーンは少ないようでした。

特徴1:ユニークなコンセプト

作中では4種類の寄生虫が登場。一番スタンダードなのがこの「Werm」


寄生虫の感染を広めていく、というゲーム目的のが非常に個性的。

テーマに加えて人体改造要素も含み、ちょっと気持ち悪いイラストもあるので遊べる人はかなり厳選されるでしょう。

ゲーム形式はアドベンチャーですが、感染を広げるというゲーム目的はシミュレーションゲームに近く、ノベルゲームらしからぬ中毒性があります。

特徴2:機械翻訳でプレイ可能

Chromeでも起動できるが、画像が読み込まれなくなるのでIE推奨


海外製ゲームは「言語」が最大のネックですが、ブラウザ上で動作する本作は機械翻訳が使えます。

右クリックから「日本語に翻訳」を選択し、以降は画像の位置にあるアイコンで自由に切り替えできます。


ただ、翻訳すると表記が崩れてしまい選択肢がクリックできないことがよくあります。

そのため英語と日本語表記を切り替える必要がありますが、一度日本語にすると英語に戻しても選択肢が有効になりません。

面倒ですが、一度「戻る」を押してから再度「進む」と直ります。

それでも翻訳できないよりはずっとプレイしやすいことは間違いないです。

感想:「少し遊んでみる」程度が吉

ゲームの目的は各パートごとにはっきりしているものの、どこまですれば達成なのか終わりが見えませんでした。

作品形式はアドベンチャーですが、徐々に感染を拡大させていく様子はシミュレーションに近い印象。

余裕で数時間プレイできたのでハマる人はハマってしまいそうですが、時間を費やしてもあまりスッキリしないのでやりこむのはオススメしません。

肝心のエロも実用性は低いです。

ボイスは限られてますし、アニメーションもないのでは厳しいと言わざるをえません。

しかし珍しいタイプのゲームですし、長く制作が続いているだけあって内容そのものは充実しています。

個人的には高く評価したい作品。

蟲姦好きの人なんかはあまり抵抗を感じないと思うので、「こういうコンセプトのゲームがあるんだ」くらいの軽い気持ちで遊んでみてほしいです。

3行でまとめ

「寄生」をフォーカスした個性派エロゲ

遊ぶ人をかなり選ぶ

真剣に遊ぶと重いので、軽めに遊びましょう。

リンク

「「Parasite Infection」紹介【寄生虫拡散ゲーム】」への2件のフィードバック

  1. B級ホラー映画と言われてる1998年のパラサイトを思い出しました。
    ノーマルなので、ここのサイトの紹介と画像だけでもうブルブル。

    1. 面白そうな映画ですね、機会があれば見てみます。
      画像はできるだけ気持ち悪くないのを選びました。
      首にチ〇コ突っ込んだり、口から寄生虫出てる画像とかはやっぱり人を選びそうだったので・・・。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top