「Saria Reclaimed」ver0.2の紹介

海外製の戦闘エロ特化RPG

                .

目次

基本情報

作品名Saria Reclaimed
制作者Velminth
公開日2022.5.12
価格
ジャンルRPG
ボイスなし
タグ
備考 

ゲームの概要

戦闘エロを重視した海外製RPG「Saria Reclaimed」の体験版ver 0.2の紹介です。

2021年末に発売された骨太な同人エロゲ「カリンズ・プリズン KARRYN’S PRISON」を明確にオマージュしているのが特徴。

難易度の低さやテンポの悪さなど、調整中の部分もあって面白さは薄いですが、豊富なエロステータスや高い画力に期待が持てる作品です。

システム

2Dマップ上を移動し、探索を進めるのが現時点でのゲーム内容です。

ver0.2では左に1マップ、右に2マップまで進めます。

セーブと回復は最初のマップ以外に配置されている焚火で行えますが、焚火で休むと一部の敵を除き、倒した敵が復活するので注意。

また会話できるNPCはすべて殺害可能なほか、スキル習得はプレイヤーがポイントを割り振るツリー形式となっており、自由度の高さが特徴のひとつと言えそうです。

ちなみに画面サイズ変更はF4、リセットはF5キーになります。

【戦闘システム】

マップ上で敵シンボルに接触すると戦闘になります。

戦闘はターン制ですがシステムは少し特殊で、攻撃には「スタミナ」を消費します(画像下、真ん中の緑ゲージ)。

敵からのダメージもスタミナで受けるので、特に管理が重要なパラメータです。

消費したスタミナはReliefコマンドからEmotion、「精神力」をコストにターン消費無しで回復できます(画像下、青ゲージ)。

また敵のエロ攻撃を受けた場合はWP、「意志力」(画像下、赤ゲージ)が減少し、意志力が尽きた場合は敗北イベントに移行します。

エロシーン

ver0.2で確認できた基本CGは、敗北イベント1、エロ攻撃カットイン1、戦闘中のエロ2の計4枚。

まず敗北イベントは誰に、どこで負けても同じ内容です。

次いでエロ攻撃。

ほぼすべての敵が使いますが、カットインは人間の敵のみの実装です。

そして戦闘中のエロは、特定の敵から繰り返しエロ攻撃を受けると派生します。

意志力が尽きても敗北扱いにならないので判別しやすいですが、一度倒してしまうと復活しない敵ばかりなので注意しましょう。

また本作はエロステータスがかなり細かく実装されており、部位ごとの性経験や感度などを確認できます(画面左下の矢印をクリックで表示)。

性経験に応じて敵のエロ攻撃はハードになると読み取れますが、ver0.2では未実装です。

感想:エロが増えれば化ける

ゲーム部分に「イベントが無いに等しい」「敵が弱すぎる」など物足りなさはあるものの、基礎は出来上がっており問題なく遊べます。

さらにイラストクオリティも日本作品と遜色なく、エロさは十分。

画風も独特で、他作品との差別化にも繋がっています。

このように土台は仕上がっていますが、問題はエロ要素。

「エロ攻撃のカットインが少ない」「戦闘ログが確認できない」「敗北イベントの作業感が強い」など、コンテンツ・システム両面でまだまだ弱いです。

逆にこれらが充実してくれば、エロゲとしての完成度が各段に上がること間違いなし。

実装内容次第で大作となり得る有望作品なので、今後の進捗は要チェックです。

リンク

ダウンロード制作者その他
itch.ioTwitter 
 Patreon 
 Pixiv 
(Visited 1,907 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top