セクハラRPG特化サークル「焼け石に水掛け論」の紹介

Ci-enで無料公開中の7作品を遊んだ感想

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       .

概要

大桶 弥生とセクハラ村


「焼け石に水掛け論」は
主にセクハラRPGを制作しているサークル。

2020年6月時点で計62作品を公開しており、
7月には2本目の長編RPGを発売予定。

Ci-enでは7本のゲームが
無料で公開されていたので、
サークル紹介と遊んでみた感想をレビューします。

すぐ終わる作品ばかりなので、
セクハラ好きなユーザーは
一度試してもらいたいです。

作品の傾向

不破 しおりとセクハラ村

ストーリーやエンディングがなく、
NPCと会話してセクハラを見ることが
メインコンテンツ。

一般的なエロRPGのように、
フラグを立てて段階的に
イベントを見るような手間はほとんど無いです。

そのためゲーム性はほとんどなく、
無料で公開されている作品に関しては
すべて数十分でプレイできます。

エロ要素

全体的に、セクハラする側にも
される側にも、抵抗感が
ほとんど見られませんでした。
主人公も基本、ノーパンです。
例外もあるでしょうが、
ゆるい世界観の作風といえます。

不思議な世界~アイリス編~


「セクハラ」をメインにした
作品が多いですが、セクハラの代わりに
本番をしてくるタイトルもありました。

また、シリーズものとして展開している
「宇佐美シリーズ」は「露出」、
長編作品「シュリイロノヒビ」は
「イチャラブ」がテーマなど、
作品ごとに多少の差があります。

作品の特徴1:シーンは質<量

ルカと小人の村


作品全体の傾向として、
1シーンのボリュームよりも量。

会話一つひとつは
大したイベントではありませんが、
NPC全員がセクハライベントを持っており、
いろんなパターンを見れます。

作品の特徴2:オリジナルキャラ多数

不思議な世界~郡山美琴編2~


作品数が多いため、
オリジナルキャラも多数輩出しています。
過去作では名前がなかったキャラも、
名前を付けてブランド化する傾向が見られます。

ストーリーが無いため
作品間のつながりはありませんが、
気になったキャラがいたなら、
過去作を見てみると面白いかもしれません。

無料7作品の感想

柴山 美奈子の職業体験~ナース編~

全体的に、どの作品も物足りない印象。

「ここまではセーフ、ここからはアウト。」
そういう線引きの変化や駆け引きが
可視化されてこそのセクハラだと私は思います。

そういう意味では、セクハラを
最初から許容してしまっているところが
少しずれていました。

ネチネチしたセクハラより、
オープンなセクハラが好きな人におすすめでしょう。

7作品の簡単なまとめとしては、
「柴山美奈子の職業体験~ナース編~」は
7作中で唯一淫乱度が設けられており、おすすめ。
淫乱度15で1イベントが変化し、
30まで対応しています。

「不思議な世界~アイリス編~」のみ、
セクハラ=本番のような感じ。

それ以外の作品はセクハラオンリー。
主人公が絶頂すらしないことも。

ちなみにボスを倒すことが
クリア目的の作品は初期装備でも余裕で勝てます。

3行でまとめ

とにかく作品数が多い

セクハラ特化

オリジナルキャラを複数所有

サークルリンク

基本CGはCi-enで公開されています。
購入を検討する際は参考に。

シュリイロノヒビ 全基本CG

長編2作品目「朱るい学園生活」

そのほか販売数の多い3作品

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top