一般ゲームのボイスでも興奮してしまう人のために存在するのがこの作品です。

戦闘エロあり!18禁RPG「粛清のサファイア」体験版レビュー

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       .

基本情報

作品名:粛清のサファイア
サークル:破顔研

ジャンル: RPG
ボイス:ダメージボイスが異常に豊富

タグ:

記事更新日:2020年2月5日

作品概要

本作はサークル「破顔研」が制作中の18禁RPGで、当サークルの2作目にあたります。

2020年2月初旬時点では、体験版はCi-enでフォロワー以上にのみ公開されています。

体験版

製品版レビューを追加しました。

「粛清のサファイア」プレイ体験記と感想

主人公「青島 薫」は、夫を殺した怪物と、その怪物をつくりだした犯罪組織を追っている始末屋です。

ある学校に出没した「球根」という怪物を始末するため、保健室の先生として潜入している、というのがおおまかなストーリーです。

本作の戦闘はターン制です。

システムが少し特殊ですが、複雑ではないのでエロゲを嗜む同志ならすぐに慣れるでしょう。

戦闘画面

画面右にある3×3のパネルがスキルです。明るくなっているスキルのみ、そのターン中に使用できます。

スキルの使用には行動力(画面下部、紫のバー)を消費し、行動力は毎ターン回復します。

使用可能なスキルはターン毎にランダムなので、相手の行動を封殺できることもあれば、攻撃をモロに受けざるを得ないこともあります。

本作の特徴のひとつが「ボイス」で、攻撃を受けるたびにボイスが発生し、そのパターンも非常に豊富です。

サークル「破顔研」は「ダメージボイス」に非常に凝っていて、前作「イモータルリコール」でも1000前後のボイスが収録されていたと記憶しています。

本作でもダメージボイスは相当量になると予想され、体験版でも十分にこだわりを感じることができます。

なお、被ダメ時のボイスは「ぐぁっ」などのガチめなボイスですので、どちらかといえば全体的にリョナ色が強めに見られます。

前作の傾向からも、エロ系のボイスは「んほぉ」のような堕ちた感じにはならないでしょう。

とはいえエロ攻撃を受ければしっかりあえぎます。

全ての敵がリョナというわけでもなく、ハードな表現も控えるサークルですので、リョナラーでなくても使えるはずです。

本作は戦闘中にエロシーンが発生するゲームです。

敵の「拘束」を受けるか、HPが0になり敗北するとエロシーンに移ります。

拘束された状態

拘束されるとパネル内のスキルが脱出用に変化します。

一度拘束されると脱出には数ターン必要になるので、その間はなぶられ放題です。

ただし、絶頂しなければダメージは受けません。

拘束中は攻撃力や防御力を強化することもでき、戦闘を有利に運ぶチャンスをつくることができます。

ただしエロ攻撃を受けると、対応する部位の感度が上昇します(画面左)。

戦闘に影響を与えるかどうかは現時点では不明ですが、感度の上昇にともない被ダメ時のボイスなどが変化します。

個人的に楽しみなのが主人公、青島薫の「カルテ」です。

敵のエロ攻撃を受けると、薫の感度が上昇します。

これに応じて、カルテに書かれる内容が変化する予定です(サークルのツイートより)。

実は上記リンクのツイートを見て一目惚れしたと言っても過言ではありません。

普通はエロシーンでの反応などから開発具合を想像しますが、それをテキストとしてまとめる試みは意外と珍しいのではないでしょうか。

「カルテ」という具体的かつ客観的な情報が、テキストならではのエロさをより掻き立てると感じます。

薫のボイスも、段階に応じて変化するようになっています。

前作ではエロ攻撃にも変化があったので、今作でも強い女性が徐々に開発される姿が期待できるでしょう。

強いお姉さんが殴られ、なぶられるボイスを楽しむ戦闘エロRPG

戦闘はやや特徴的だが難しくはない。難易度も高くない。

敵の攻撃で感度が上がっていくと、カルテやボイスが変化する。

当サークル「破顔研」の過去作はコチラ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top